読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事デートに行ってきました

土曜日の夜、先日の街コンで連絡先を交換した女性と食事に行ってきた。

今回行ったのは台湾小籠包の店。小籠包をチョイスした理由は2つあって、1つは前回旅行の話で台湾の話題が出てきたので。そしてもう1つはLOVE理論に登場するホーム理論を使いたかったから。

ホーム理論ってのは何かと言うと「『自分が最も輝ける場所』にデートを誘い込む」というテクニック。台湾、小籠包は自分の守備範囲内。しかも小籠包なら女性受けも悪くないだろうし、普通の居酒屋とか普段行かない小洒落た飯屋に行くよりは全然ありだと思った。

 

良かった点

質問攻めになることなく聞き役に徹することが出来た

街コンのときはこっちから質問することが多かったけど、今回は相手がだんだんテンションが上がってきてどんどん喋ってくれた。喋った量で言えば相手7自分3くらいの比率になってる気がする。イエスセットも特に気にする必要もなく会話を続けられた。

主な話題は仕事と旅行の話。それにしても看護師っていう職業は本当に話のネタがたくさんあるんやなあ…と。仕事はほとんどが愚痴のような話だけど、まぁ会話が最初から最後まで途切れることなく続いたのは本当に良かった。

 

次に繋げる話題を作れた

仕事大変やね→心を癒せそうなところに行こう→次はどこに行こう?

少し強引な流れで次のデートの話に持っていった。相手が夜景見たいって言ってたので次は夜景デートになりそうです。そもそも女性からこんなこと言うことってあるか?脈ありなのは間違いないと思うけど…どうしたもんか。逆にプレッシャーを感じる。

 

スキンシップ(?)ができた

テーブル席で対面する形だったのでスキンシップは難しいと思われたが一応クリア。

相手が看護師である点に着目し、「採血とか点滴ってどういう風にするの?」って言いながら腕を差し出したら腕を握ってくれた。自分でも上手くやったほうだと思う。でも、テーブル席でそれ以上の触れ合いはやっぱり厳しい。カウンター席の強さを実感しました。

 

良くなかった点

恋愛の話題がほとんど出なかった

これはミスだった。仕事と旅行の話ばっかりで、お互いそういう話を出さずに終わってしまった。言い訳を言えば、話が普通に盛り上がってしまって話題を変えるタイミングがなかなかなかった。次会ったときはちゃんとそういう話もしないとダメだな。

あとこれは完全に憶測なんだけど、向こうもそんなに恋愛経験多くなさそうな印象を受けた。まぁ童貞の憶測なんて昭和親父の流れ論と同程度のレベルだけど。

 

相手を褒めることができなかった

どこか相手の良いところがあったら褒めてみたいなぁと思ってましたがやっぱり褒めるのってなかなか難しい。人をちゃんと褒める経験ってそんなないしな…次会ったときは相手の良いところをどんどん見つけていこう。

 

以上、いくつか反省点はあるけれど全体的には雰囲気もめちゃくちゃ良くて童貞の割には上手くやれたと思います。また、帰りは手を繋ぐことはできなかったけど肩が触れるくらい近い距離で歩くことはできました。今回で相手とは完全に打ち解けられたと思うので2回目、3回目で勝負かな…って感じです。とりあえずデートスポットいろいろ調べてみて、また誘ってみます。次は食事だけではなくて普通に遊んだりブラブラしたりしてもっと距離を近付けることに専念します。