読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dさんとの食事デート

先週の街コンで知り合ったDさんとディナーのデートに行ってきました。

今回選んだ店は30年くらいやってる洋食屋。外観はちょっと入りづらくて(雑居ビルの2階!)内観も普通の飯屋なんだけど、マスターはちゃんとしてて料理は旨いっていうそんな店です。地元民の客がほとんどで初デートで来るような店ではないとは思いますが、そこは「逆に理論」で。「逆にこういう店も良いよね。逆にこういう店は当たりなことが多いよね」で通した。洋食屋なのにお通しがタコとわかめだったけど、これも逆にアリ。今回は本命の相手ではないし、気負わずに過ごせそうな店をチョイスしました。

 

街コン後の相方の評価はイマイチだったが可愛いか可愛くないかで言えば前者。好みのタイプではないものの一応プレイレンジには入ってる。ぼんやりとしたイメージだけで顔は全く覚えていなかったので顔見た瞬間安心した。

 

話題のネタとしては街コン、仕事、趣味、映画、旅行など。とりあえず前回参加した街コンの話を振ってお互いの共通意識を構築し、住んでる場所や職場の話でラポールを形成してから趣味の話で話題を広げていこう、相手のツボを探していこうという戦略…が、今回これがなかなか上手くいかない。

こちらはいろいろ繰り出すものの、決定的なトリガーを引きことは出来ず相手のテンションをMAXまで上げることは出来なかった。普通に会話は弾むけど何かが違う。自分の実力不足か、相手がそういう子なのか…

 

今回の相手はアニメ、ゲームが趣味でどちらかと言うとオタク系女子。ここらへんはさっぱりなのであまり話題に乗ることができない。ハマれば強いんだろうけど。

他の話題を振ってもいまいちお互いが盛り上がれるネタがそんなになかった。もはや自分の中では鉄板ネタとなった台湾ネタもたいして盛り上がらず。九份の話だけで終了。これは自分のトークスキルが悪かった…あそこはもっと広げられたはず。

イエスセット、ミラーリングトラックバック等の恋愛工学テクももちろん使っていきましたが効果の程はわかりません。

 

それでも、先月のAさんとの小籠包デートのときに感じた課題「恋愛トークをする」「相手を褒める」は今回は一応クリアできた。

「どれくらい彼氏いないの?」からの「実は女の人と付き合った経験がほとんどなくて~」で曖昧なカミングアウト。相手は少しだけビックリしている様子(ちょっと食いついてきた)だったけど、よく聞いてみたら向こうも今まで付き合った人数が1人だけだという。そんなに変わらんやんけ!

「相手を褒める」に関しては、出てきた料理を見て「これ何のダシ使ってるんやろ。家で作れんかな~」みたいなこと言ってたので「勉強熱心やな!料理する女性ってええなぁ」ってとりあえず褒めときました。

あと外見では歯並びの良さを褒めてみた。身体的特徴に触れるのは多少のリスクがあるけど「歯並び綺麗やなぁ」なら大丈夫だろうという考え。いきなりそこに触れるのも不自然なので、食事→歯の話題に持っていってからの自然な流れで行きました。

 

2時間半くらい店にいましたが、手応えとしては微妙。Aさんとの食事デートのときの手応えを70~80%としたら今回は30%くらいですね。普通に会話は出来たけど悪い意味でも“普通の会話”。こちらは全然気まずいとは思ってませんが、相手がそのように感じてた可能性はもしかしたらあるかも。

 

帰りは同じ方向で乗る電車も同じだったので15分くらい電車の中で喋ってた。向こうは普段特急に乗るみたいだけどこっちに合わせてくれた。話の内容は今日のまとめと次回について。次誘うとしたら映画になりそうな感じでした。

僕が電車から降りたあとも車内から手を振ってくれたので可能性はゼロではないと思うけど次があるかは微妙ですね。ペチョーリン師匠なら「セックスまで行け」と言うんでしょうけど。当初は拒絶されるまでは行くつもりだった自分も、これは損切りしたほうが良いように感じてる。

まぁ来週は2人とデートのアポがあるし、今はそっちのほうの組み立てをしっかり考えたいと思います。