読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年1月 台湾旅行記(台東編)

台湾一人旅 3日目

 

墾丁から台東に向かうには、まず列車に乗るために枋寮駅に行かないといけない。

枋寮は墾丁から北に50km。バスで行くつもりだったけど、ちょうど乗り合いタクシーがあったのでそっちに乗ることに。1人NT$250(900円)、バスだとNT$200なのでまぁそんなに変わらない。

f:id:k0matty:20170114160119j:plain

 

列車の到着まで時間があったので近くのコンビニで煮卵を買ってみた。台湾行った人はわかると思うけど、台湾のコンビニには必ずと言っていいほどあるアレ。漢方チックな匂いで、味は薄味(お茶で煮込んでいるらしい)。台湾の人はこれをおやつ的な感覚で食べるんだろうか。

f:id:k0matty:20170114160120j:plain

 

www.tabetaiwan.com

 車窓からの景色。日本の田舎とそんなに変わらない。

f:id:k0matty:20170114160121j:plain

 

枋寮駅から特急に乗って2時間くらいで台東駅に到着。

台東駅の周りには何もないので乗り合いタクシーを使って市街地に移動。乗客は韓国人観光客の女子2人、地元の台湾女子1人、そして自分という組み合わせだったが、まぁ特に何があるわけでもなく…

 

 台東の中心地に行って昼食。米苔目(ミータイムー)っていう麺料理。コシのない麺に、鰹節がいい感じ。個人的には日本のうどんよりこっちのほうが好きだな。

f:id:k0matty:20170114160122j:plain

f:id:k0matty:20170114160123j:plain

 

米苔目の店は↓の本に載ってたやつ。一青妙って一青窈のお姉さんですね。

台湾のガイドブックって基本的に台北がメインで台東の情報なんてまず載ってないから、こういう本が結構良かったりする。台湾でもかなりマイナーなところが載ってたり詳しいエピソードが書かれてるので台東旅行にはちょうどいい。

わたしの台湾・東海岸:「もう一つの台湾」をめぐる旅

わたしの台湾・東海岸:「もう一つの台湾」をめぐる旅

 

 

米苔目を食べたあとは近くにあった臭豆腐の店に行った。台湾には何回も来てるけど臭豆腐を食べるのはこれが初めて。ニオイはあるものの食べてみたら味は意外と普通だった。これで臭豆腐童貞は卒業できたのでこれからは別の店もチャレンジしていきたい。

f:id:k0matty:20170114160126j:plain

f:id:k0matty:20170114160125j:plain

 

臭豆腐のあとはデザート。豆花っていう豆腐の台湾スイーツ。シロップめっちゃ甘い。

f:id:k0matty:20170114160127j:plain

 

鉄道芸術村。15年前に廃駅になった旧台東駅の跡地で、特別面白いものはないけど。台東市民の休憩スポットみたいな感じ。

f:id:k0matty:20170114160128j:plain

f:id:k0matty:20170114160129j:plain

 

特に行くところもなかったので海に行った。なぜかめっちゃ人いる。

f:id:k0matty:20170114160136j:plain

 

この日は台東夜市で晩ご飯。定番の牡蠣オムレツ(めっちゃブレてるけど…)

特別おいしいわけじゃないけど台湾の夜市に来たらなぜか毎回頼んでしまう。

f:id:k0matty:20170114160138j:plain

 

400円くらいのチープなステーキ。B級グルメ感が凄い。

f:id:k0matty:20170114160143j:plain

 

鉄道芸術村の近くにある鐵花村。夜になったらこうやって手作りのランタンに明かりが付いて良い雰囲気になってます。地元の人が制作した台湾原住民風のグッズ販売もしたりしてます。

f:id:k0matty:20170114160139j:plain

f:id:k0matty:20170114160140j:plain

 

鐵花村でちょうどライブが始まるらしいのでチケット買って行ってみた。

f:id:k0matty:20170114160142j:plain

 

ライブが終わったらもう11時くらいになってたのでこの日は終了。

台東ではたいした観光地って行ってない、というか観光地自体そんなに多くない印象だった。台北・高雄・台南が強すぎるだけで、地方はこんな感じなんだろうな。

それにしてもこの日は食べてばっかりだった…観光客を相手にしてる墾丁に比べて、台東は地元客がほとんどだから安くてうまい店が多い。特に米苔目に本当うまかった。絶対また来よう…

 

lead to the next chapter...