2018年5月 台湾旅行(2日目 澎湖編)

2018年5月 台湾旅行(1日目 澎湖編) - komatty’s blog

↑の続き。

2日目はバイクで澎湖の観光スポットをいろいろ周ってきました。

 

通梁保安宮。めちゃくちゃ大きいガジュマルで有名なスポット。沖縄にあるガジュマルが樹齢約100年なのに比べて、こっちは樹齢300年以上らしい。でかすぎて写真に収まらん!

 

澎湖跨海大橋。白沙島と西嶼島を結ぶ全長2.5kmの橋。左右は綺麗な海。バイクで走ると最高に気持ちがいい。

 

竹湾大義宮。一見なんてことない普通の廟ですが…

 

なんとこの廟では地下でウミガメが飼われているのです。確認しただけでも7,8頭はいたような。「漁師が誤って捕まえたウミガメを寄贈した」らしいけど絶対故意やろ…笑

しかもここは天井も壁も一面珊瑚で作られていて、これも昔、漁師が取ってきたものらしい。今じゃ絶対無理やなぁ。

 

玄武岩という岩の壁。近くで見たらまぁまぁ凄い。

 

西嶼西臺。清の時代に建設された砲台がある基地。要塞の内部は写真で見ると明るい感じだけど実際はほとんど真っ暗。スマホのライト照らしながらじゃないと進めない。

 

西嶼餌砲。太平洋戦争のときに日本軍が敵軍を欺くために作ったフェイクの大砲。これだけポツンとあるのを見るとなんか虚しくなってくる。こんなん本当に意味あったのか…?

それにしても、↑の要塞もそうだけれど澎湖諸島ってのは清の時代から太平洋戦争まで、常に敵から狙われてた島だったんだなと感じさせられました。ここに来る前はただの離島だと思ってたのでこういうのは意外だった。

 

翁島灯台という端っこにある灯台。一応人気スポットらしいけど普通かな…

 

鯨魚洞。クジラの形をした岩?

 

奎壁山赤嶼地質公園。干潮のときに歩いて渡れるやつ。干潮時のみ海が開放されるということで、ツーリストセンターで干潮時刻を確認してから行くのがオススメです。澎湖で一番テンション上がった!!

 

隘門沙灘という穴場のビーチ。泳いでる人はそんないなかったし海水浴場ではないのかな?バナナボート(ジェットスキーで引っ張るやつ)みたいなので遊んでる人たちが多かった。

 

2日目は以上です。バイクを駆使して澎湖の観光スポットを一通り行ってきました。

3日目は飛行機で嘉義に移動します。今回、澎湖に滞在したのは2泊3日だけど、友達同士の旅行とかなら一週間とか余裕で滞在できるなと思った。澎湖ではマリンスポーツの他にイカ釣りとかも出来るみたいなので島ではいろんな遊び方が出来そう。むしろ2泊だけだと全然物足りない。

あと台湾人(中国人?)観光客がめちゃくちゃ多かったのに比べて日本人は1人もいなかったのが印象的。ガイドブックにはまず載らないから当たり前といえば当たり前だけど。台北に飽きてなおかつ台湾で沖縄的な過ごし方をしたい人にはオススメだと思います。