2019年5月 タイ・ラオス旅行記(チェンマイ編)

2019年5月 タイ・ラオス旅行記(バンコク編) - komatty’s blog

 の続き。

 

 

寝台列車の車窓で見る朝日。素晴らしい。

 

朝食は前日でコンビニで買っといたランチパック。中の具はハムとよくわからん肉。車内販売とかはないので事前に食べ物・飲み物は購入しとく必要がある。

 

22時にバンコクを出発して翌日12時にチェンマイ駅に到着。駅からチェンマイ市内に行くには基本的に乗合バスかトゥクトゥクの2択になるが、客引きしてる運転手と交渉するのも面倒くさいので駅から少し離れたところでGrab Bikeを呼んだ。

 

一応観光スポットということでターペー門。

 

欧米人がいるレストランでチャーハン。

 

ココナッツドリンク。うまい。

 

旧市街をブラブラしてたら屋台街があったのでここで夕食。定番の焼き鳥&ビール。

 

今回チェンマイで泊まったゲストハウス。1泊100バーツ(350円)!!

なかなか居心地いい。昼間冷房ついていないのと蚊が多い以外は素晴らしい。

www.booking.com

 

ゲストハウスの猫。

 

チェンマイ2日目はレンタサイクルで寺めぐり。まぁまぁ凄いけど「ふーん」って程度で別に感動とかはないな…

 

チェンマイ名物カオソーイ。カレー味のラーメン。うまい。

 

トムヤムクンヌードル。からうまい。

 

チェンマイの人気店でチキン。

 

屋台で食べた刀削麺的なやつ。

 

2日目の夜はバー。女の子と飲めるパブやいかがわしいマッサージ屋が多い通り。チェンマイで夜遊びするならちょうどいい場所だろうけど、そういう気はなかったので普通のバーで飲んだ。

 

3日目の昼食。たまたま見つけたショッピングセンターのフードコートにてカオマンガイ。アジアの国で、安くて快適に食べれる場所を求めると大体フードコートに行き着くというアジア飯あるある。

 

このあと、いかがわしいマッサージに行ったがこれは完全に失敗だった。Body to Body Massageという、女の子が全裸になりその名の通りbody to bodyでマッサージをやってくれるサービス。AVのマッサのようにさぞかし凄いことになるのだろうと期待して行ってみたら内容はただのオイルマッサージでガッカリ。うつぶせだから嬢が裸でも別に関係ないし…マッサ自体にも手抜き感も感じた。

ネットに日本語の情報はなく、運否天賦の勝負はわかってたのでまぁ仕方ない。店のレポはやる気があれば別途ブログに書きます。

 

チェンマイ編は終了。本当はもっと見どころあるのかもしれないけど、レンタサイクルで移動できる範囲で回ったら寺しかなかった。

 ルアンパバーン編に続きます。